読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年デザインアイテムをアップデート..

休日のみなかみ。

 

いつもとは違うテンションでblogを。

 

今日ご紹介する16/17AW展示会アイテムは2013年にデザインした都心向けのshellJKをこちら山中にベースを移し、そして今、リデザインさせたアイテムです。

 

基本は、都心部向けURBAN monutaineer向けであり、スペック、仕様に関してはハイグレード、高機能素材で仕立てています。

 

こちら2013年度モデル↓

f:id:hynm_fukuyama:20160227165328j:plain

 

そして今回はこちらです↓↓

eVentテキスタイル使用、スノー、パウダーガード(脱着式)、シルエットの見直し、PKのバリエーション、デザイン変更、裾内側、襟内側のレイヤリング素材の変更、サイズ感、フィット感の変更、、、その他はここ2〜3年のマウンテンshell JKを煮詰める、作る中で細かい箇所で微調整を常においこなってきているので基礎レベルが上がっています。

いい出来栄えですね。

URBAN mounainner...

インナー、セカンドレイヤー、JKの中に着込むアイテムも全てコーディネートを考えてデザインしました。パンツ、パンツのインナー&レイヤード、帽子、ネックウォーマー、パスケース、全てですね。

 

都心部から、そのままの服装でゲレンデ、またはアクティブに遊べます。

特にハイキング、登山、BCには重点を置いていませんが,,,クォリティーを見て遊ぶレベルをご判断ください。

 

都心部から〜僕はこちらでスタイルを出してゲレンデクルージング、outdoor、色んな外遊びをします!!!

 

f:id:hynm_fukuyama:20160227170605j:plain

f:id:hynm_fukuyama:20160227170609j:plain

f:id:hynm_fukuyama:20160227170613j:plain

f:id:hynm_fukuyama:20160227170617j:plain

f:id:hynm_fukuyama:20160227170621j:plain

f:id:hynm_fukuyama:20160227170625j:plain

f:id:hynm_fukuyama:20160227170630j:plain

f:id:hynm_fukuyama:20160227170637j:plain

f:id:hynm_fukuyama:20160227170644j:plain

f:id:hynm_fukuyama:20160227170650j:plain

f:id:hynm_fukuyama:20160227170655j:plain

f:id:hynm_fukuyama:20160227170657j:plain

f:id:hynm_fukuyama:20160227170711j:plain

 

M/M3610-JK01
eVnet Medium weight URBAN Styling Jacket
2013年、都心向けのshell JKとしてデザインしたアイテムを実際のフィールドへの仕様変更&アップグレードを行ったeVnet Medium weight URBAN Styling Jacket 。
襟、首元内側はレイヤリングデザインとなっており、運動時のストレス、フィット感を優先した特殊ポリマー加工、防風性、撥水性をもたせたストレッチ素材を採用。
両脇下のベンチレーション、袖、裾のパウダーガード、実際のフィールドでも使用可能なアイテム。
ベース生地にはeVnet Medium weight 、名前の通り適度な耐久性も考慮し、軽さのみに重点は置いていませんが、運動時の透湿性はeVentテキスタイルならではで、きっちりと汗、蒸れの放出を実現します。
裏材には起毛感のある織物をラミネートすることで、保温性のあるFW素材へ、袖を通すと気持ちいい肌触り温かみを感じます。
特にハイキング、登山、BCには重点を置いていませんが、より都会的であり街との両方でコーディネート出来るならではのアイテムです。
都心部、ビジネスシーンでの機能素材ジャケットとして、山ではスキー場、管理区域内でのゲレンデクルージングアイテムとして幅広く活躍する本格仕様shell JKです。
 
/
 
eVent / 説明
eVent 世界で70社以上のアウターウェア、シューズインナー、グローブインサート、寝袋、テントに使用されているファブリックであり、米軍やイタリア軍の官需の用途にも採用されています。eVent高機能ファブリックの特長は、意味のないほど異常に高く設定した耐水圧。実感できない透湿性に対し、実験室ではなく、実際のフィールドでの体感快適性の実績を経て、快適性能を確言しています。耐水圧20000mm程度、透湿(B-1法)27000g(実測値で保証値ではありません)街中でのコーディーネートにとどまらず、アウトドアのフィールド、ウィンタースポーツのシーンでも活躍するテキスタイルです。
 
 

/

 

jumble TOKYO Exhibition

16/17AW・mountain of moods のみを先行展示いたします。

 

会期:2016年3月9日(水)~11日(金)
9日(水)・10日(木)10:00~18:00
11日(金)10:00~16:00

 

会場:ベルサール渋谷ファースト HALL B1

 

*駐車場はございませんので、お車でのご来場はできません。
*招待状等が無くてもご入場が可能です、受付にてご名刺を頂いております。

ブースナンバー:#1(エントランスすぐ左側です)

 

皆様のご来場心よりお待ち申し上げます。
http://www.jumble-tokyo.com/information.html

 

お問い合わせ先:
info@manofmoods.com
http://www.manofmoods.com