読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

16ss展示会 / mountain of moods : URBAN OUT DOOR:来期新作アイテムのご案内です。

M/M1610-CS09 / カテゴリー: mountain layer L2
Polartec® Power Grid mountain layer L2 ・Short sleeves

f:id:hynm_fukuyama:20150819130719j:plain

f:id:hynm_fukuyama:20150819130724j:plain


寒暖入り乱れる山間部、ハイキングシーン、登山に活躍する1枚、汗のベタつきが気にならない薄手のセカンドレイヤーアイテムです。
勿論1枚としても着用可能ですが、ベースレイヤーL1に対してのレイヤリング重ね着の提案でもあります。


今回、採用したフロント前身頃にくるテキスタイル:高次元ストレッチソフトパワー、優れた伸縮特性で身体のあらゆる動きに追随する高次元ストレッチファブリック、編み目ループの方向性を自在にコントロールする旭化成繊維独自のダイアモンド構造組織によりパフォーマンスを的確にサポートし、ポリエステルによる高い速乾性、べたつかない肌触り、保冷効果があります。


脇メッシュ切換え部分には、リサイクルクールマックス(R)EcoMadeメッシュを採用。ペットボトルなどのリサイクル資源から作られたファイバーを含む素材ファブリックの繊維構造により肌から吸い上げた水分を大きく拡散させて外側に放出することで、速乾性を早め、スポーツ時の身体のべたつきを無くし、涼しくドライな状態に保つことができます。


背中身頃にはPolartec® Power Gridを採用、速乾性、保温性、軽量化、多機能性の両立を求め、開発された最新ハイスペックテキスタイルを使用しています。


夏のハイキング、登山といえでも山の天候の変化、山頂の温度差は激しく、活動時の機能性も勿論なんですが、休憩、ビバーク時の濡れた肌、濡れたテキスタイルによる、体温低下がアクティビティーのストレスの1番の原因になると経験しています。


活動時の発汗による濡れ、蒸れが多く生じるのが胸元、脇、そして背筋です。
胸元はshellやジャケットのフロントジップや、アイテム本体のジップ開放により即座に蒸れ、濡れの放出ができます、また休憩、ビバーク時の冷え感も背筋程にはストレスを感じません。
より冷却効果と、速乾性、濡れた時の肌触り優先で生地をセレクトしています。


背筋に関しますと、基本shell等にはベンチレーション機能はなく即座の蒸れ濡れの放出は出来ません、冷えに関しても胸元よりゾクゾクと底冷え感、ストレスを生じると体感しています。
従ってPolartec® Power Grid多機能性の両立を求め、開発された最新ハイスペックテキスタイルを今回セレクトしています。

 

実際のみなかみ山中にて、あらゆるアウトドアフィールドでの現場テストを十分に行い、考え、レイヤリングによる調節で、OUTDOORシーンは勿論のこと、様々なシーンで幅広く使用出来る優秀アイテムです。

 

 

/
Polartec® Power Grid/説明
軽量化と多機能性の両立を求め、開発された最新テキスタイル Power Grid。
Polartecのベース生地テクノロジーの性能を更に高めるべく、特許所得済みグリッド構造が特徴。
従来の保湿性と圧縮性を更に高めながら、生地の軽量化に成功。
このグリッド構造(凹凸のある格子状)が肌に触れる面積を少なくし、湿気をより多く吸収、拡散、蒸発させるタッチポイントを作り出し、吸収性と通気性を
高めています。この高度な吸汗テクノロジーは気温、季節に関わらずあらゆるアクティビティーに適したバランスの良い優れたテキスタイルです。

 

 

/


MofM(manofmoods) & mountain of moods/
展示会:2015年9月15日(火)~18日(金) 11:00~19:00 buyer
初日15日(火)のみ12:00~start!
*18日(金)press&freiends:来場有り
展示会場:
*HOUSE GALLERY SPACE
http://www.housegallery-space.com
150-0033 東京都渋谷区猿楽町11-19


「MINAKMI⇄TOKYO」を物作りのコンセプトとし2年とし半年が経過、更なるアイテムの深み、意味合いのある物作りとして進化しています。
是非ご期待の上、スケジューリング御確認&ご参加下さいませ。