読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効率を上げる生き方を。時間は平等です。

雨ですね。


まだ1月ですが、大量の積雪の後に雨。
今シーズンの天候は変わっています...12月から、多くの積雪の後に雨..
が、3〜4度あります。不安定ですね。

 

せめて、生活は整えようと。
5時半起床を続けています。

 

洋服作りに精を出そう。
15/16AWサンプルアップ、しょく出しに追われています。


早起きは良い事です、脳みそが機敏に動きます。

 

自分は起業家ではありません。


ただ山奥に居る人ですが、、、以前知人に頂いたメールをUPします。
何をするにあたっても脳みそが、鋭く動く方が勿論良いですもんね、、今年40歳になります。

 

時間の経過が異常に早く感じます、、、
効率を上げる生き方を。時間は平等です。
脳みそを良い状態で、働かせましょう。
良い事しかありません。

 

みなかみの福山より。

 

/
偉人は計画にたっぷり時間をかける?
この調査結果をベンジャミン・フランクリンや、米国屈指の実業家ドナルド・ トランプのものと比較するとどうなるでしょうか?
ドナルド・トランプの1日を調べてみました。1日24時間の配分にしてみるとこのようになります。
・6.5時間の睡眠(5:30起床)
・5.5時間の計画、準備、読書
・9.5時間の行動
・2.5時間の休養とレクリエーション

さて、ベンジャミン・フランクリンはどうでしょうか?
フランクリンの自伝には、彼の1日の予定が書かれています。一日24時間の配分で見てみると、、、
・7時間の睡眠(4:00起床)
・3.5時間の計画、準備、読書
・9時間の行動
・3.5時間の休養とレクリエーション

さらにもう一人、ある成功しているスーパー起業家の1日の24時間配分を見てみましょう。
・7時間の睡眠(6:30起床)
・4時間の計画、準備、読書
・8時間の行動
・5時間の交際、休養、レクリエーション


驚いたことに、ほとんどベンジャミン・フランクリンと同じです。この人物こそ、マイケル・マスターソンです。マイケル・マスターソンは年 商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社が2社、10億円以上の会社を10社以上をゼロから育てたスーパー起業家です。
今や毎年700億円を稼ぎ出し、アメリカで唯一天才と言われたマーケッ ター、ジェイ・エイブラハム氏でさえもリスペクトする、ただ一人の起業家として知られています。さらに、ビジネス情報のメルマガ「EarlyToRise」を立ち上げ全米No1のメールマガジンの発行者としてインターネットビジネスの分野でも揺ぎない地位を築いています。
3人とも朝が早く、たっぷりと睡眠を取っていたことがわかります。そして、 計画と準備に非常に多くの時間を使っていたこともわかります(トランプの場合は1日の3分の1を計画と準備に費やしています)。

 

との事です....

 

f:id:hynm_fukuyama:20150123092901j:plain